任意売却

short sale任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合に、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の了承のもと、所有者の希望条件を伝えた上で一般市場にて売却する方法です。

不動産売却には、原則として、不動産に当てられている金融機関の「抵当権」を解除しなければ、売却はできません。

金融機関はこの「抵当権」を行使して、不動産を競売に出すこともできるのですが、不動産所有者にとって、競売はさまざまなデメリットがあるため、やむを得ない理由で住宅ローンを滞納してしまった場合は競売にかけられる前に任意売却を検討することをおすすめします。

マンションの外観

merit任意売却のメリット

merit

01

一般的に競売よりも高値で売れる

競売では比較的安く売りに出されてしまいますが、任意売却は一般市場で売却できるため、競売よりも高値で売れる可能性があります。
競売では、一般市場よりも2~3割程度安価になってしまうと言われています。

merit

02

売却後の残債務について返済計画を立てやすい

不動産売却後も残っている債務は金融機関など債権者と協議した上で、債務者の無理のない範囲で分割返済が可能になります。
債務者の現状の収入や経済状況を考慮した上で、現実的な返済計画に対応してくれます。

merit

03

売却後も住み続けれられる可能性がある

任意売却であれば、売却後も家賃を支払うことで賃貸物件としてその家に住み続けられる可能性があります。

merit

04

引っ越し費用を確保できる可能性がある

債権者との交渉次第ですが、最大30万円の引っ越し費用を売却代金から控除してもらえる可能性があり、金銭的負担が軽減されます。

merit

05

引っ越し時期を調整できる

競売の場合、引っ越し先が決まっていない場合でも、買い手が見つかれば強制退去を求められる場合がありますが、任意売却では、債権者との交渉で引っ越し日を相談することができます。

merit

05

所有者の情報を非公開にできる

競売の場合、物件の情報が新聞やWebサイトで公告されてしまい、近所や周辺の知人に知れ渡りトラブルになることも少なくありません。

任意売却では、一般的市場で取引が行われますので、所有者の経済状況などが知れ渡ることはなく、安心して取引を行えます。

flow任意売却の流れ

STEP

01

債権者から督促が届く

住宅ローンの滞納を滞納してしまい、1~2カ月すると金融機関から督促状が届きます。状況の改善が見込めない場合、この段階で金融機関に返済計画の見直しか任意売却を検討するべきです。滞納が3カ月を超えると、競売開始の恐れがあります。

STEP

02

金融機関と任意売却の内容について交渉する

任意売却の条件について、金融機関に連絡をとって交渉します。

STEP

03

物件の査定

不動産の査定を行います。価格査定を誤ると販売が間に合わず競売になってしまったり、残債が必要以上に多く残ってしまったりするため、適切な価格査定は任意売却を成功させる上で重要です。

STEP

04

販売活動を開始する

広告やインターネットでの販売活動を開始します。ご相談者さまの状況によっては、価格を最優先にできる場合、価格よりも時間を優先させなければいけない場合など最適な売却方法は違います。ご相談者さまにあった販売方法で、確認を取りながら進めていきます。

STEP

05

売買契約締結

ご相談者さまの希望に沿った契約内容にできるよう、引越し日などの調整を行います。また、債権者から最終的な合意を得られるよう、細かい調整を行います。ご相談者さま、買主、債権者の合意が取れれば、宅地建物取引主任者の資格を有する専門家が契約の準備、契約締結を行います。

STEP

06

所有権移転手続き

債権者による同意を得られ、引っ越しが完了したら、抵当権の抹消手続きと差押の解除をしてもらい、代金の入金後、所有権の移転手続きをとります。

STEP

07

残債務の返済計画について話し合う

任意売却による所有権移転後、金融機関と残債の返済方法について話し合いをします。

Required documents任意売却に必要な書類

  • チェックマーク

    任意売却予定物件の購入時の売買契約書

  • チェックマーク

    任意売却予定物件の購入時のパンフレットや建築確認申請書などの建築図書

  • チェックマーク

    任意売却予定物件の権利書のコピー

  • チェックマーク

    金融機関からの督促状や催告書などの書類

  • チェックマーク

    土地建物の評価証明書(市役所で取得)

  • チェックマーク

    固定資産税、都市計画税の納付書(あるもの全て)

  • チェックマーク

    任意売却予定物件の写真(外観、各部屋、キッチン、トイレ等々)

  • チェックマーク

    マンションの場合は管理会社の情報(管理規約等)

  • チェックマーク

    印鑑証明書(原本)

  • チェックマーク

    任意売却業者に提出する書類(住宅金融支援機構の場合)

お電話の場合は下記までご連絡ください。

電話アイコン03-4400-6688

受付時間 10:00 ~ 18:00(定休日:水曜日)

Webからお問い合わせはこちら

お問い合わせ